利用規約

Cafe24 Store利用規約

  1. 第1条(目的)

    本規約は、Cafe24株式会社(以下「会社」といいます)と会社が提供するCafe24 Storeを利用する利用者間でサービス利用に関する権利・義務およびその他必要な諸事項を定めることにより、相互の権益を保護し相互の繁栄に貢献することを目的とします。

  2. 第2条(用語の定義)
    1. ① 本規約における用語の定義は、次の各号の通りとします。
      1. 1. 「Cafe24 Store」とは、販売者がアプリまたはデザイン商品を登録し、購入者がこれらの商品を購入できる仮想店舗ことをいいます。
      2. 2. 「アカウント(ID)」とは、利用者が会社の定めた手続きに従って会員登録することにより作成されるアカウントのことをいいます。
      3. 3. 「販売者」とは、Cafe24 Storeを通してアプリまたはデザイン商品を販売する者をいいます。
    2. ② 前項に定義されていない用語は、会社のサービス案内または商慣例に従って解釈するものとします。
  3. 第3条(規約等の開示・改定)
    1. ① 会社は、本規約の内容を利用者が容易に確認できるようにホームページのトップページに掲示します。
    2. ② 会社は「規約の規制に関する法律」「情報通信網利用促進および情報保護等に関する法律」など、関連法に違反しない範囲内で本規約を改定することができます。
    3. ③ 会社が本規約を改定する場合は、改定事由および適用日を明示した上で適用の7日前からトップページまたはトップページにリンクを設けて告知するものとします。
    4. ④ 会社が前項に基づき利用者に通知する際に「適用日までに会社に意思表示をしない場合は、承諾したものとみなす」という趣旨を明確に告知したにも関わらず意思表示がない場合には、変更された規約を承諾したものとみなします。利用者は、改定規約に同意しない場合、利用契約を解約することができます。
    5. ⑤ 会社は、各サービスにおける個別規約および運営ポリシーを定めることができるものとし、利用者はこれを遵守するものとします。
  4. 第4条(利用契約の成立)
    1. ① 利用契約は、利用者が本規約に同意した上でCafe24 Storeの利用を申し込み、会社がこれを審査・承諾することによって成立するものとします。
    2. ② 会社は、利用者に必要な情報および書類の提出を要求することができるものとし、提出が完了するまでCafe24 Storeの利用に対する承諾を延期することができます。
    3. ③ 会社は、次の各号に該当する事由がある場合、承諾を拒否することができます。
      1. 1. 必要な情報および書類を提出しなかったり書類に漏れ・誤記がある場合
      2. 2. 会社が提供するすべてのサービスにおいて、契約違反または未払いの履歴がある場合
      3. 3. 14歳未満の児童が法定代理人の同意を得ずに申し込んだ場合
      4. 4. 利用者が「信用情報の利用および保護に関する法律」に基づき債務不履行者に登録された場合
      5. 5. 卑わいな情報、公序良俗に違反する情報が含まれている場合
      6. 6. 利用者の帰責事由により承諾が困難な場合またはその他会社の運営ポリシーに反する場合
    4. ④ 会社は、次の各号に該当する場合、利用契約の承諾を留保することができます。
      1. 1. 自然災害、戦争などの国家非常事態
      2. 2. 業務遂行に支障をきたすほどの極めて困難な事由がある場合
      3. 3. 品質を維持することが困難であったり、必要な設備・人材が不足している場合
      4. 4. その他会社の事情によりサービスを安定的に提供することが困難な場合
    5. ⑤ 会社は、利用契約の承諾後、本条の第3項・第4項に該当する事項が場合は、第6条に基づいて事前通知後に利用契約の承諾を撤回することができます。
  5. 第5条(個人情報の保護)

    会社は「情報通信網利用促進および情報保護等に関する法律」「個人情報保護法」など個人情報に関する法令および「個人情報の安全性確保の措置基準」に基づき、個人情報の安全確保に必要な管理・技術的措置を取り、会社のプライバシーポリシーに従って利用者の個人情報を保護するものとします。

  6. 第6条(利用者への通知)

    会社から送信する利用者への通知は、本規約に別段の定めがない限り利用者が提供した電子メール・SMSなどを通じて通知するものとします。ただし、利用者全員または多数への通知の場合、会社は7日以上会社サイトのお知らせに掲示することにより利用者への通知に代えることができます。

  7. 第7条(サービスの開始)
    1. ① 会社は、会社の定めた手続きが完了する次第、特別な事由がない限り該当のサービスを開始します。ただし、すぐにサービスを開始できない事由がある場合には、第6条に基いてその事由と開始スケジュールを利用者に通知するものとします。
    2. ② 会社は、業務上または技術上特別な事由がない限り、年中無休・24時間サービスを提供するものとします。ただし、メンテナンスまたはシステムのアップグレードなどが必要な場合には、第6条に基づいて事前に通知することによりサービスの提供を一時停止することができます。
  8. 第8条(サービスの構成)
    1. ① 本規約に基づいて会社が提供するサービスは以下の通りです。
      1. 1. 購入に関するサービス
      2. 2. 契約締結、決済サービス
      3. 3. その他電子商取引に関するサービス
      4. 4. その他のオプション・提携サービス
    2. ② 会社は、第6条に基づいて事前通知をすることにより、サービスの構成などを追加・変更することができます。
  9. 第9条(Cafe24 Storeの利用)
    1. ① 利用者は、Cafe24 Storeの利用にあたり会社の利用規約に同意した上で会員登録をし、登録の際に入力したアカウント情報(ID・パスワード)を使用してCafe24 Storeを利用することができます。
    2. ② 利用者は、会社が提供する案内ページおよびガイドを通じて利用条件および各ポリシーを正確に確認した上でCafe24 Storeを利用するものとします。
    3. ③ 利用者は、Cafe24 Storeに登録されたアプリまたはデザイン商品を選択して購入することができ、購入手続きを完了すれば自らのショップに適用することができます。
    4. ④ 利用者は、購入を希望するアプリまたはデザイン商品の内容および取引条件を購入前に必ず確認しなければなりません。万が一、アプリまたはデザイン商品の内容および取引条件を確認せずに購入したことによって損害が生じた場合、利用者本人がその責任を負うものとします。
    5. ⑤ 利用者は、アプリまたはデザイン商品を購入する際に本人名義の決済方法を使用するものとし、他人名義でお支払いしてはなりません。
    6. ⑥ 利用者は、会社が提供する利用方法に従ってCafe24 Storeを利用するものとします。また、一般的ではない方法でサービスを利用したりシステムにアクセスしてはなりません。これに関連する不正行為が明らかになった場合、会社はサービスの全部または一部の利用を制限したり利用者との契約を解約することができます。
    7. ⑦ 利用者が未成年者である場合、法定代理人の同意が必要となることがあります。同意がない場合は購入に制限を受ける可能性があります。
    8. ⑧ Cafe24 Storeにおいて販売されるすべてのアプリまたはデザイン商品の決済は、Cafe24 Storeを通じて行われるものとします。販売者が他の方法で決済を要求する場合、利用者はこれを拒否することができます。これに関連して利用者からの報告があった場合、会社は販売者の販売行為などを制限することができます。
    9. ⑨ 利用者は、取引に関する不正行為(クレジットカード現金化、他人の名義を盗用して決済、大量の偽装取引等)をしてはなりません。不適正な取引行為が明らかになった場合、会社は利用者の利用を制限したり契約を解約することができます。
    10. ⑩ 利用者は、購入したアプリまたはデザイン商品が送信失敗またはエラーなどにより再インストールが必要となった場合、購入日から3日以内に再インストールを販売者に要求することができます。ただし、最初インストールしたショップのアカウントにのみ再インストール可能です。
  10. 第10条(キャンセル、返金)
    1. ① 利用者は、本条のキャンセルおよび返金規定に基づきキャンセル・返金を要求することができます。
    2. ② 販売者は、原則としてアプリまたはデザイン商品のキャンセル・返金規定を次の規定に従って処理するものとします。ただし、各サービスおよび役務の特性によって適用が異なる場合があり、これに関する別段の規約がない場合には、関連法令および公正取引委員会の消費者紛争解決基準に従うものとします。

    [キャンセル・返金規定]

  11. 第11条(会社の権利・義務)
    1. ① 会社は、利用者がCafe24 Storeを安定的に利用できるようCafe24 Storeの維持・管理に最善を尽くすものとします。
    2. ② 会社は、Cafe24 Storeを利用するための設備および装備などのメンテナンスを随時/定期的に行い、システム障害が発生した場合には迅速に修理または復旧するよう最善を尽くすものとします。
    3. ③ 会社は、利用者の意見など正当な要求に対して、迅速に処理することを原則とします。処理に時間がかかる場合、第6条に基づきその内容および適用時期を通知するものとします。
    4. ④ 会社は、利用者と販売者間での円滑な取引のためにシステムを運営・管理してサービスを提供するだけにすぎません。利用者と販売者との取引の遂行については、代理として関与しないものとします。
    5. ⑤ 会社は、会社が提供するシステムを通じて行われる利用者と販売者との取引に関連し、販売意思または購入意思の有無および真実性、登録されたアプリまたはデザイン商品の品質・完全性・安全性安全性・適法性および他人の権利に対する侵害の有無、利用者または販売者が入力する情報および該当のページのリンクから確認できる資料の真実性もしくは適法性などについては一切保証しません。
    6. ⑥ 会社は、より安全な取引のために決済代行会社を指定して決済代行サービスを提供することができます。
    7. ⑦ 会社は、利用者の使用履歴、売上、アクセス数などの利用情報を収集して統計資料またはサービスの効率化・向上のために活用することができます。
    8. ⑧ 会社は、利用者と関連して民事・刑事上の法的手続きが開始されたり、裁判所から保全処分などの通知を受けた場合、必要とされる資料を裁判所に提出することができ、利用者のサービス利用および権利行使を一時的に制限することができるものとします。
  12. 第12条(利用者の権利・義務)
    1. ① 利用者は、一定条件の下会社が提供するCafe24 Storeを利用できる権限を持つものとします。
    2. ② 利用者は、販売者との間で行われた取引および提供した情報に対する責任を負います。
    3. ③ 利用者は、会社から付与されたIDおよびパスワードが流出しないように管理する責任を負うものとし、会社の書面同意なしに他人に譲渡したり貸与してはなりません。
    4. ④ 利用者は、会社が提供するプロモーションまたはイベントなどに参加することができ、一定条件の下で特典を受けることができます。
  13. 第13条(セキュリティシステムの管理および義務)
    1. ① 会社は、セキュリティ上、深刻かつ急を要するプログラムの欠陥もしくはそれに準するシステム障害が発生した場合、関連情報および該当の機能に一括してパッチを適用することができます。
    2. ② 利用者は、会社または他の利用者のセキュリティを脅かす次の各号の行為をしてはなりません。
      1. 1. コンピューターウィルスなどのマルウェアをまき散らす行為
      2. 2. Cafe24 Storeおよびその他のシステムを対象とする脆弱性スキャン、不正アクセス行為
      3. 3. 大量のトラフィック(traffic)を発生させ、正常なサービス提供を妨害する行為
      4. 4. その他会社の業務を妨げるあらゆる侵害行為
    3. ③ 利用者は、サービスの利用中に情報システムの異常が見つかったり侵害が発生した場合、会社に迅速に報告するものとします。
    4. ④ 利用者は、非常事態の際に常時連絡の取れる連絡網を維持するものとします。
    5. ⑤ 会社は、本条に基づきセキュリティ関連の措置を取る際、措置を取った後に結果を通知するものとします。
  14. 第14条(情報提供および広告の掲載)
    1. ① 会社は、広告・宣伝情報の受信に同意した利用者に電子メールまたはSMSなどを通じて様々な情報を提供することができるものとします。利用者はいつでも受信への同意を撤回することができます。
    2. ② 会社は、関連法に基づく取引に関連する情報およびお問い合わせなどに対する回答を販売者の同意を得ることなく、利用者に提供することができます。
    3. ③ 会社は、サービスの運営に関連してサービス画面、ホームページなどに様々な広告を掲載することができます。
    4. ④ 利用者は、会社が提供するCafe24 Storeに関連する掲示物またはその他の情報を変更してはなりません。
    5. ⑤ 会社は、広告媒体としての役割を果たすだけにすぎません。会社が直接提供しない広告を信頼したりその広告を通じて行われた取引に関しては一切の責任を負いません。
  15. 第15条(知的財産権の帰属および侵害禁止)
    1. ① 会社が提供するCafe24 Storeに関する著作権およびその他の知的財産権は、会社に帰属するものするものとします。
    2. ② 会社のサービス利用に関連し、利用者が作成した投稿または写真などの著作物に対する著作財産権(複製権・上演権・公衆送信権・展示権・頒布権・貸与権)と二次的著作物の作成権および肖像権は、会社に帰属するものとします。会社はこれを活用してサービスの宣伝などに使用することができます。
    3. ③ 利用者は、会社が提供する情報・技術・資料・システム・サービスなどを会社からの事前許可なしに複製・送信・出版・頒布・放送・販売およびその他これらに準する行為をしないものとし、会社が許可していない営利目的で利用してはいけません。
  16. 第16条(サービスの停止)
    1. ① 会社は、次の各号に該当する場合、事前通知後にサービスの全部または一部を停止することができます。
      1. 1. システムの異常により利用者のサービス利用およびネットワーク障害が発生する恐れがあると判断される場合
      2. 2. 外部からのサイバー攻撃により、ネットワークまたはシステムに問題が生じる恐れがあると判断される場合
      3. 3. ネットワークまたは情報保護に関連する情報機関もしくはIDCからサービス停止の要求を受けた場合
      4. 4. その他、会社の運営においてサービスを提供できない極めて困難な問題が発生した場合
    2. ② 会社は、次の各号に該当する場合、事前の通知なくサービスの全部または一部を停止することができます。
      1. 1. 電気通信事業法に定められた基幹通信事業者が電気通信サービスを中止した場合
      2. 2. ハードウェア障害、システムダウンなどが発生した場合
      3. 3. 外部の通信会社・電力会社・基幹通信事業者などによるサービス停止の場合
      4. 4. 停電、設備の不具合またはアクサス数が急増した場合
      5. 5. セキュリティ上の問題でシステムの緊急点検・増設および取替えなどが必要な場合
      6. 6. 異常事態の状況から判断して復旧に必要な時間に余裕がない場合
      7. 7. 異常事態の状況から判断して深刻な問題が発生する恐れがある場合
      8. 8. 他の利用者のサービス利用に影響が生じた場合
      9. 9. 自然災害、国家非常事態または広範囲にネットワーク障害が発生した場合
    3. ③ 会社は、本条に該当する事由により利用者に損害が生じた場合、会社に故意または重過失がない限り責任を負いません。
  17. 第17条(利用制限)
    1. ① 会社は、次の各号に該当する場合、事前通知後にサービスの全部または一部を制限することができます。
      1. 1. 登録した情報と実際の情報が異なる場合
      2. 2. 利用者が提供した連絡先で連絡が取れない場合(1日おきで2回以上)
      3. 3. 非合法な目的でサービスを利用する場合
      4. 4. 他人に対する名誉棄損または侮辱行為を行う場合
      5. 5. 本規約の義務に違反する場合
    2. ② 会社は、本条に基づき利用を制限する場合、その事由などを利用者に事前通知するものとします。
    3. ③ 利用者は、会社の利用制限に対して解除申請をすることができるものとし、会社は利用者の解除申請が正当であると判断される場合、制限を解除するものとします。
    4. ④ 本条に基づく利用制限によって利用者に損害が発生した場合、会社はこれに対する責任を負いません。
  18. 第18条(契約の解約)
    1. ① 利用者は、退会を希望する場合、会員退会申込を行うことにより会社に契約終了の意思表示をするものとし、会社は特別な事由がない限り早いうちに利用契約を終了するものとします。ただし、未払いの利用料がある場合には、会社が定める手続きに従って支払うものとします。
    2. ② 会社は、利用者が次の各号に該当する場合、事前の通知をすることにより契約を解約することができます。
      1. 1. 該当年度に2回以上利用制限を受けた履歴がある場合
      2. 2. 本規約に基づく権利・義務を他人に譲渡した場合
      3. 3. 会社の事前同意なしに他のサイト・サービスを宣伝したり、リンクさせる場合
      4. 4. 会社のサービス提供において妨害となる行為またはシステム障害などが発生し得る一連の行為をする場合
    3. ③ 会社は、本条に基づき契約を解約する場合、Eメールなどを通じてその事由を会員に通知するものとします。
  19. 第19条(損害賠償)
    1. ① 会社と利用者は、自らの帰責事由により本規約に違反して相手側に損害が生じた場合、その損害に対する賠償責任を負います。
    2. ② ただし、サービス停止およびシステム障害による損害賠償はインターネット環境の特性を考慮し次の通り賠償するものとします。
      • - 4時間以上のサービス停止もしくはシステム障害が発生した場合の損害賠償額は、直近3ヶ月(3ヶ月未満の場合、該当する期間を適用)の間、会社へ納入したサービス利用料の1日の平均値を計算して、24時間で割った後、サービスの停止時間もしくはシステム障害時間を掛け合わせて算出された金額の3倍とします。サービスの停止またはシステム障害の時間は、利用者が会社へ通知した後から計算するものとします。
    3. ③ 前項の規定にかかわらず、提携サービスなど会社が直接運営していないサービスによって生じた利用者の損害については、会社は賠償責任を負いません。
  20. 第20条(免責)
    1. ① 会社は、取引に関連し利用者と販売者の代理として関与しません。また、会社は取引当事者間で行われた取引およびアプリまたはデザイン商品の利用に関連する問題に対して責任を負いません。
    2. ② 会社は、自然災害・通信障害・停電・第三者の責に帰すべき事由もしくはこれに準ずる不可抗力によってCafe24 Storeサービスの提供ができない場合、これに関する責任が免責されるものとします。
    3. ③ 会社は、システム点検・アップグレード中に予期しない技術上の問題もしくはシステム・ハードウェア障害、分散型サービス拒否攻撃(DDos)など、外部からの侵入により本規約の義務を履行できない場合に発生した損害について、賠償責任を負いません。
    4. ④ 会社は、ハードウェア障害や不具合・通信障害・停電などによりサーバー内の会員のデータが全部もしくは一部が消失された場合、それに関する責任を負いません。
    5. ⑤ 会社は、サービスを利用して予想される収益が期待水準を満たさなかったり、サービスを通じて得た資料による損害について責任を負いません。
    6. ⑥ 会社は、無料で提供するサービスに関連し、関連法に特別な規定がない限り責任を負いません。
  21. 第21条(準拠法および紛争の解決)
    1. ① 本規約から発生したすべての紛争については韓国法規を適用し、同法によって解釈するものとします。
    2. ② 本規約に関する紛争が発生した場合、両当事者は相互の合意で円満に解決します。合意で和解に至らない場合、民事訴訟法上の管轄裁判所に訴えをを提起するものとします。
  22. 第22条(規約外の準則)

    本規約に明示されていない事項については、会社のサービス案内および関係法令もしくは商慣例に従うものとします。

  23. [附則]

    本規約は、2020年02月12日から施行します。