利用規約

Cafe24 Partners利用規約(アプリ、チャンネル)

  1. 第1条(目的)

    本規約は、Cafe24株式会社(以下「会社」といいます)と会社が提供するCafe24 Partners(アプリ、チャンネル)を利用する開発者とのサービス利用に関する権利・義務およびその他必要な諸事項を定めることにより、相互の権益を保護するとともに、互いの繁栄に資することを目的とします。

  2. 第2条(用語の定義)
    1. ① 本規約において使用する用語の定義は、次の各号の通りとします。
      1. 1. 「Cafe24 Partners(アプリ、チャンネル)」(以下「サービス」という)とは、アプリとチャンネルを開発およびテストし、販売情報を登録および運営、管理することができる開発者のサイトのこといいます。
      2. 2. 「Cafe24 Store」とは、サービスを通じて開発されたアプリとチャンネルを登録し、購入者がこれを購入することができる仮想の販売ショップのことをいいます。
      3. 3. 「Recipeサービス」とは、サービスを通じて開発されたチャンネルを登録し販売することができる仮想の販売ショップと購入したチャンネルを利用し、レシピを制作することができる仮想の空間のことをいいます。
      4. 4. 「レシピ」とは、一つまたは複数のチャンネルがトリガーとアクションで構成され、指示文の形態で動作するプログラムのことをいいます。
      5. 5. 「開発物」とは、開発者が開発し、有料/無料で販売するアプリまたはチャンネルのことをいいます。
      6. 6. 「トリガー」とは、アクションの実行条件のことをいいます。
      7. 7. 「アクション」とは、トリガーを受けて自動で行われる操作のことをいいます。
      8. 8. 「変数」とは、レシピの一部または全体が処理された後、返還される結果のことをいいます。
      9. 9. 「アカウント(ID)」とは、開発者が会社の定めた手続きに従い、会員登録を行うことにより作成されるアカウントのことをいいます。
      10. 10.「購入者」とは、開発者が販売する開発物を購入する利用者のことをいいます。
      11. 11.「テスト」とは、審査が完了する前、開発物が正常に動作するかを確認するために行う機能のことをいいます。
      12. 12.「ホームページ」とは、アプリ、チャンネルの取引に関連して、各サービスの内容および利用条件などを案内している会社が運営するWebサイトのことをいいます。
    2. ② 前項に定義されていない用語は、会社のサービスの案内、または商慣例に従って解釈されます。
  3. 第3条(規約などの開示と改定)
    1. ① 会社は、本規約の内容を開発者が容易に確認できるようにホームページのトップページに掲示するものとします。
    2. ② 会社が本規約を改定する場合は、改定の理由および適用日を明示したうえで、適用の7日前からトップページ、またはトップページからつながるリンクを通して知らせるものとします。
    3. ③ 会社が前項に基づき開発者に通知する際、「適用日まで会社に意思表示をしない場合は、承諾したものとみなす」ということを明確に通知したにもかかわらず、意思表示がない場合には、変更された規約を承諾したものとみなします。改定規約に同意しない場合、開発者は利用契約を解約することができるものとします。
    4. ④ 会社は、各サービスにおける個別規約および運営ポリシーを定めることができるものとし、開発者はこれを遵守するものとします。
  4. 第4条(利用契約の成立)
    1. ① 本利用契約は、開発者が本規約に同意のうえ、サービス利用を申し込み、会社がこれを審査、承諾することによって成立するものとします。
    2. ② 会社は、会員登録により作成されたアカウント(ID)情報を本人の情報とみなし、アカウント(ID)の名義人を本契約の契約当事者と判断するものとします。
    3. ③ 会社は、次の各号に該当する事由があると判断する場合、承諾を拒否することができるものとします。
      1. 1. 虚偽または他人の情報でサービスを申し込んだ場合
      2. 2. 必要な情報および書類に漏れ、誤記があったり提出しなかった場合
      3. 3. 会社が提供する一切のサービスにおいて、契約違反の履歴があったり未払い金額がある場合
      4. 4. 14歳未満の子どもが法定代理人の同意を得ずに申し込んだ場合
      5. 5. 卑わいな情報、公序良俗に違反する情報が含まれている場合
      6. 6. 開発者の帰責事由により、承諾が不可能であったり、その他会社の運営ポリシーにそぐわない場合
    4. ④ 会社は、次の各号に該当すると判断する場合、利用契約の承諾を留保することができるものとします。
      1. 1. 自然災害、戦争などの国家非常事態
      2. 2. 業務の遂行に支障をきたすほどの極めて困難な事由がある場合
      3. 3. 品質を維持することが困難であったり、必要な設備、人材が不足している場合
      4. 4. その他会社の事情により、サービスを安定的に提供することが困難な場合
    5. ⑤ 会社は、利用契約を承諾した後、本条の第3項、第4項に該当すると判断する場合は、第6条に基づき事前の通知後、利用契約の承諾を撤回することができるものとします。
  5. 第5条(個人情報の保護)

    会社は、個人情報の関連法令および個人情報の安全性確保に必要な管理的・技術的措置を取るものとし、会社のプライバシーポリシーに基づき開発者の個人情報を保護するものとします。

  6. 第6条(開発者に対する通知)

    会社が開発者に対して通知を行う際、本規約に別途の定めがない限り、開発者が提供した電子メール、SMSなどを通じて通知するものとします。ただし、会社は、開発者全員または多数に対して通知を行う場合、7日以上会社のお知らせに掲示することにより、本文の通知に代えることができるものとします。

  7. 第7条(サービスの開始)
    1. ① 会社は、定められた手続きが完了すれば、特別な事由がない限り該当サービスを開始するものとします。ただし、即時開始できない事由がある場合には、第6条に基づき、その事由および開始日程を開発者に通知するものとします。
    2. ② 会社は、業務上または技術上特別な事由がない限り、年中無休かつ1日24時間サービスを提供するものとします。ただし、定期点検またはシステムのアップグレードなどが必要な場合は、第6条に基づき事前に通知することにより、サービスの提供を一時停止することができるものとします。
  8. 第8条(サービスの構成)
    1. ① 本規約に基づき、会社が提供するサービスは以下の通りとします。
      1. 1. アプリ管理
      2. 2. レシピチャンネルの管理
      3. 3. レビュー管理、お問い合わせ/回答(購入者)
      4. 4. 売上管理
      5. 5. 分析レポート
      6. 6. パートナー情報管理
      7. 7. パートナーサポート
      8. 8. お客様サポート
      9. 9. その他会社が提供するサービス
    2. ② 会社は、第6条に基づき事前の通知をすることにより、サービスの内容および条件などを追加、変更することができるものとします。
    3. ③ 本条に定められていない事項においては、ホームページ内の各サービス別の案内に従うものとします。
  9. 第9条(サービスの利用)
    1. ① 開発者は、ショップサービスの利用規約(グローバル用)に基づき付与されたアカウント情報(ID、パスワード)でログインした後、サービスを利用することができるものとします。
    2. ② 開発者は、ホームページ内の各サービスの内容および利用条件を正確に熟知したうえでサービスを利用するものとします。
    3. ③ 開発者は、自らが開発する開発物についての基本情報を登録し、会社が付与したAPI認証キーの値を利用し、開発物を開発するものとします。
    4. ④ 開発者は、一つまたは多数チャンネルを開発する際、一つ以上のトリガーとアクションで構成させ、レシピの一部または全体の処理によって変数が生成されるように処理することができるものとします。
    5. ⑤ 開発者は、自らが開発した開発物を自らの責任の下で運営・管理するものとし、違法的な要素が発生しないよう、善良な管理者の注意義務を果すものとします。
    6. ⑥ 開発者は、開発の際、全ての決済がCafe24 StoreまたはRecipeサービスを通じて行われるよう、開発物自体に決済モジュールをインストールしたり口座情報を表示しないものとします。審査前も当然であり、審査後においても会社からの事前承諾なしに直接決済可能なモジュールまたはそれに類似する行為が見つかた場合、会社は、事前に通知することなく、販売を中止したり開発者のサービス利用を制限することができます。会社は、これに関する措置に対して一切の責任を負いません。ただし、会社との別途合意により許容された場合は、例外として認めるものとします。
    7. ⑦ 開発者は、開発の完了した開発物をCafe24 StoreまたはRecipeサービスで販売する場合、各開発物の基本情報(言語、名称、URL、使用権限情報、認証情報など)、販売情報(表示情報、詳細説明、決済情報、商品情報提供の開示など)などを事実に基づいて正確に登録するものとします。
    8. ⑧ 開発者は、審査(販売)の申込みに先立ち、テスト機能を活用することにより、開発物が正常に動作するかを確認するものとします。テストの結果、正常が確認された場合、会社に販売のための審査(販売)を申し込むものとします。テストはアプリの場合、最大5つのアプリを登録することができるものとし、各アプリは、合計5つのアカウントにインストールすることができます。また、チャンネルの場合、開発したチャンネルを自らのショップでだけテストすることができるものとします。
    9. ⑨ 会社は、 開発者の審査(販売)の申込みを受け、遵法性、完成度、有害性、危険性、卑わいなコンテンツの有無、指針に違反する要素、その他運営ポリシーに違反する事項が含まれているかを審査し、結果(承諾またはリジェクト)を開発者に通知するものとします。ただし、審査を通った場合であっても、開発物自体の完全性および違法性などがないとみなすものではなく、会社はそれを保証しないものとします。また、会社は、審査項目に違反する要素があると判断する場合、第6条に基づき事前の通知後、当該する販売を即時中止することができるものとします。
    10. ⑩ 会社は、審査過程において追加情報および資料が必要と判断する場合、開発者に要請することができるものとし、開発者は、会社の要請に対して迅速かつ積極的に協調するものとします。
    11. ⑪ 会社は、各開発物の特性に合ったカテゴリを選定したうえで表示するものとし、販売の開始時点は、各開発物によって異なることがあります。
    12. ⑫ 開発者は、成人(満19歳以上が利用するショップ)を対象とする開発物の場合、関連法令に基づきアクセス制限のイントロ画面および年齢確認などの関連手続きを必ず設定するものとします。
    13. ⑬ 開発者は、本人または開発者の会社が直接制作し、第三者への侵害可能性がない創作物もしくは原作者から使用用途および範囲などについて明確に許可を得たうえで、著作権などに問題がない開発物を登録するものとします。また、開発者が直接作業した開発物であっても、著作権などに問題が生じる可能性があったり、芸能人および人物の写真または画像などを登録する場合は、必ず事前に会社に該当事実を通知し、別途許可を得るものとします。
  10. 第10条(手数料)
    1. ① サービス利用に伴う手数料は、次の通りとします。
      1. 1. 仲介手数料:販売価格の15%(税込)
    2. ② 前項にもかかわらず、会社は開発者との別途合意により手数料を決めることができるものとします。
    3. ③ 本条に基づく手数料の支払いは、販売代金から差し引く方式によって処理され、それに関する裏付け資料(税金計算書、インボイスおよびその他)は、決まった日程に沿って開発者に提供されるものとします。ただし、会社は、開発者との別途合意により、支払い方式を決めることができるものとします。
  11. 第11条(販売代金の支払い)
    1. ① Cafe24 StoreまたはRecipeサービスにおいて取引きされる開発物に関する販売代金は、会社が決めた支払い基準に基づき、会社が直接または会社の指定した決済代行会社を通じて支払うものとします。
    2. ② 会社は、開発者に会社の指定した決済代行会社に登録したり契約することをサービス利用の先行条件として提示することができるものとし、開発者は、これを完了したうえでサービスを正式に利用することができます。また、会社が必要と判断する場合、事業者登録証の写し、法人名義(または代表者名義)通帳の写し、法人/個人印鑑証明書、精算書類などを要請することができるものとします。
    3. ③ 会社は、開発者が決済代行会社の契約条件または規定を違反し、販売代金が支払われない場合、これに関する責任を負わないものとします。
    4. ④ 開発者は、販売代金の支払いのための口座を登録する際、必ず本人名義の口座を登録するものとし、口座が変更された場合、これを即時変更するものとします。これを怠ったことにより支払いに問題が生じた場合、会社は責任を負担しないものとします。
    5. ⑤ 販売代金は、サービス手数料および決済手数料、税金などが自動的に差し引かれた後支払われるものとします。これに関する裏付け資料(精算書およびその他書類)は、決まった日程に沿って開発者に提供されるものとします。
    6. ⑥ 会社は、購入者の意義申立ておよびその他支払い保留の事由が生じた場合、該当金額の支払いを保留することができるものとします。
    7. ⑦ 本条にもかかわらず、会社と開発者間の別途合意があった場合は、合意事項に従うものとします。
  12. 第12条(注文処理およびお問い合わせ対応)
    1. ① 開発者は、自らが登録した開発物に関連する役務およびサービスに対して最善を尽くし、迅速に処理するものとします。
    2. ② 開発者は、自らが登録した開発物を販売する際、購入者の問い合わせに対して親切かつ誠実に対応するものとします。
    3. ③ 開発者は、購入された開発物が送信失敗および不具合などにより正常的に提供されなかった場合、開発物をもう一度提供するなどの適切な措置を取るものとします。
    4. ④ 開発者、技術/管理上の問題により正常な取引ができない場合、購入者および会社に該当事実を即時に通知するものとします。
    5. ⑤ 開発者は、商慣行または関連法律に違反しないよう、開発物を運営・管理するものとし、購入者に不当な要求および履行を強要しないものとします。
    6. ⑥ 開発者は、本契約が解約された場合であっても、既に販売された注文に対して完全な履行をする責任を負うものとします。
  13. 第13条(キャンセル、返金)
    1. ① 開発者は、本条のキャンセルおよび返金の規定を順守するものとします。
    2. ② 開発者は、未成年者の購入がある場合、必ず法定代理人の同意を得るものとします。これが行われなかった状態でキャンセルが生じた場合、既に支払われた販売代金の全額を返金するものとします。
    3. ③ 開発者は、原則、開発物の利用に関するキャンセル、返金規定以下の基準に従い処理するものとします。ただし、各サービスおよび役務の特性により、基準が異なる場合があります。キャンセル、返金規定
    4. ④ 開発者は、キャンセルの受付日または確認された日から3営業日以内に支払われた金額を返金するものとします。
    5. ⑤ 会社は、購入者から購入キャンセルが受付けられた場合、開発者に該当事実を通知するものとし、開発者は、通知日から7日以内に購入者の購入キャンセルに対する意思表示をするものとします。ただし、通知日から7日以内に別途の意思表示がない場合、会社は、購入者に返金の措置を取ることができるものとし、返金額は、販売代金から差し引くか開発者に別途請求するものとします。
    6. ⑥ 会社は、開発者が故意に連絡を回避したり連絡断絶(1日間隔、2回以上)である場合、直接権利により販売代金を購入者に返金し、販売代金から差し引くか開発者に別途請求することができるものとします。
  14. 第14条(会社の権利と義務)
    1. ① 会社は、開発者が安定したサービスを利用することができるよう、誠実にサービスを提供するものとします。
    2. ② 会社は、サービスを提供するための設備および装備などのメンテナンスを定期的/随時行うものとし、障害が発生した場合、速やかに修理または復旧するように最善を尽くすものとします。
    3. ③ 会社は、通信販売仲介事業者として公正な取引環境づくりにのために、サービス利用に伴う様々な規定を定め、サービスを運営することができるものとします。
    4. ④ 会社は、より安全な取引を行うため、代金の決済と支払いに関する事項を第三の決済代行会社を通じて提供することができるものとします。
    5. ⑤ 会社は、サービス利用に伴い収集した利用内容、売上、アクセス者数などの関連情報を統計資料などとして活用し、開発者のサービス利用および会社の効率的なサービス提供をサポートすることができるものとします。
    6. ⑥ 会社は、開発者が提供するサービスおよび役務などが違法だと判断される場合、または放送通信審議委員会など、各国の関連機関から一定の制限通知もしくは命令に準ずる処分が出された場合、事前に通知することなく、該当情報を削除したり契約を解約することができるものとします。
    7. ⑦ 会社は、開発者に関連して民事・刑事上の法的手続きが開始されたり法廷から保全処分などの通知を受けた場合、求められる関連資料を提供することができるものとし、サービス利用および権利行使を一時制限することができます。
  15. 第15条(開発者の権利と義務)
    1. ① 開発者は、一定条件の下、会社が提供するサービスを利用することができる権限を持つものとします。
    2. ② 開発者は、サービスを利用した販売活動全般を自ら判断したうえで運営・管理し、購入者との取引において取引当事者としての義務を果たすものとします。
    3. ③ 開発者は、会社から付与されたIDおよびパスワードが流出しないよう管理する責任を負うものとし、会社の書面同意なしに他人に譲渡または貸与しないものとします。
    4. ④ 開発者は、開発物に対する正確な商品説明および使用範囲などの情報を購入者に提供するものとし、これに対して履行する責任を負担するものとします。
    5. ⑤ 開発者は、販売に先立ち、通常的な使用環境で開発物を正常に利用することができるよう、全般においてテストを行うものとします。
    6. ⑥ 開発者は、開発物を登録する際、使用権限情報を最小限の範囲内に設定するものとし、購入者が容易に確認できるよう、関連情報(利用料金の案内、お客様サポート、利用規約、有料情報の表示など)を適法に通知するものとします。
    7. ⑦ 開発者は、正当な権利を保有した著作物などを利用して開発物を作成するものとします。
    8. ⑧ 開発者は、合法的な手続きを経て購入者の個人情報を収集し、個人情報の関連法令および個人情報の安全性を確保するために必要な管理的・技術的措置を取り、自らのプライバシーポリシーに基づき購入者の個人情報の保護を徹底するものとします。
    9. ⑨ 開発者は、自らが登録した開発物の価格および利用条件を遵守し、購入者との個別交渉をしないものとします。
    10. ⑩ 開発者は、使用権限情報を最小限の必要範囲内で収集するものとし、収集された使用権限情報は、開発物に直接的に必要な範囲内で使用するものとします。
    11. ⑪ 開発者は、各開発物の年齢制限が必要な場合、必ず当該年齢を表示するものとし、とりわけ、成人向けの開発物の場合は、関連法令に基づいたアクセス制限のイントロ画面および年齢確認などの措置を取るものとします。
    12. ⑫ 開発者は、インターネット環境の特性上、様々な原因によって保存データが破損・焼失する恐れがあることを考慮し、販売商品のデータおよび画像などを必ず自らが別途に保存するものとします。会社は、保存データの破損・損失により発生した損害に対する責任は負わないものとします。
  16. 第16条(セキュリティシステムの管理および義務)
    1. ① 会社は、セキュリティ上、深刻かつ急を要するプログラムの欠陥もしくはそれに準する障害が発生した場合、開発者に関連する情報および該当部分に一括してパッチを適用することができるものとします。
    2. ② 開発者は、会社または他の利用者のセキュリティに悪影響を及ぼす次の各号の行為を行わないものとします。
      1. 1. コンピューターウィルスなどのマルウェアをまき散らす行為
      2. 2. サービスおよびその他システムを対象とする脆弱性のスキャン、不法アクセス行為
      3. 3. 多量のトラフィック(traffic)を発生させ、通常のサービスを妨害する行為
      4. 4. その他会社の業務を妨げる各種の侵害行為
    3. ③ 開発者は、サービスの利用中に、情報システムに異常が見つかったり侵害が発生した場合、速やかに会社に該当事実を通知するものとします。
    4. ④ 開発者は、非常事態に備え、常時連絡の取れる連絡網を維持するものとします。
    5. ⑤ 会社は、本条に基づくセキュリティ関連処理に対して、通知をしないことがあります。または、先に措置を取った後、結果を通知することができるものとします。
  17. 第17条(情報提供および広告の掲載)
    1. ① 会社は、ホームページ内のお知らせを通じてサービス利用に必要な案内および規定に関する情報などを提供するものとします。
    2. ② 会社は、開発者から別途の同意を得たうえで、様々な情報を電子メールまたはSMSを通じて提供することができます。ただし、取引関連情報およびお問合せなどに対する回答は同意を要しないものとします。
    3. ③ 会社は、サービスの運営に関連してサービス画面、ホームページなどに様々な広告を掲載することができるものとします。
    4. ④ 開発者は、会社が提供するサービスに関する掲示物またはその他の情報を任意で変更したり修正しないものとします。
    5. ⑤ 会社は、ホームページ内に掲載される様々な情報および広告のうち、会社が直接サービスを提供しない部分に対しては、一般的な広告メディアとしての役割をするものであるため、これを信頼したりそれにより発生した取引に関して、一切の保証および責任を負わないものとします。
  18. 第18条(知的財産権の帰属および侵害禁止)
    1. ① 会社が提供するサービスなどに関する著作権およびその他知的財産権は、会社に帰属するものとします。
    2. ② 会社のサービス利用に関連し、開発者が作成した掲示物または写真などの著作物の著作財産権(複製権、上演権、公衆送信権、展示権、頒布権、貸与権)と二次的著作物の作成権および肖像権は、会社に帰属します。会社は、ホームページまたはその他のメディアを通じてサービスを宣伝する際、これらを活用することができるものとします。
    3. ③ 開発者は、会社が提供する情報や技術、資料、システム、サービスなどを会社からの事前許可なしに、複製、送信、出版、頒布、放送、販売およびその他これらに準する行為をしないものとし、会社が許可していない営利目的での利用をしないものとします。
  19. 第19条(サービスの中止)
    1. ① 会社は、次の各号に該当する場合、事前の通知なく、サービス提供を中止することができるものとします。
      1. 1. 設備のメンテナンスのため緊急点検が必要である場合
      2. 2. 停電、設備の障害またはアクセスの急増など、ホームページの通常の利用が困難な場合
      3. 3. ディスクまたはシステム障害など、事前に認知できない事由による障害が生じた場合
      4. 4. 外部の通信会社、電力会社、基幹通信事業者などのサービスに障害が発生した場合
      5. 5. 分散サービス拒否攻撃(DDos)など不正アクセスの発生したり、その恐れがある場合
      6. 6. コンピューターウィルス、悪性コードなどを撒き散らしたり、ハッキング、サーバーへの攻撃などに利用される場合
      7. 7. 自然災害、国家非常事態などの事由により、サービス提供が不可能な場合
      8. 8. その他、会社の運営においてサービスを提供できない事由が発生した場合
    2. ② 会社は、本条に基づくサービス中止によって発生する開発者の損害に対して責任を負わないものとします。
  20. 第20条(利用制限)
    1. ① 会社は、次の各号の事由に該当する場合、事前の通知後、サービス利用を制限したり商品を削除するなどの措置を取ることができるものとします。
      1. 1. 登録した情報と実際の情報が異なる場合
      2. 2. 審査当時の開発物と現在のものが異なる場合
      3. 3. 購入者などから開発物の違法性などの通報があった場合
      4. 4. 販売に関するお問い合わせおよび返金処理などに対するクレームが3件以上受付けられた場合
      5. 5. 開発者の帰責事由に対して是正を求めたが、通知日から7日以内に是正しなかった場合
      6. 6. 開発者が開発物を販売する意思がなかったり正当な事由なしに購入者への対応が円滑に進んでいない場合
      7. 7. 開発者が提供した連絡先に連絡を試みたが、連絡が取れない場合(1日間隔、2回以上)
      8. 8. 会社からの事前の承諾なしに、他のサイトにリンクさせたりサービスを連動させる場合
      9. 9. 正当な著作権者と推定される者の権利侵害が通報され、この内容を開発者に伝えたにもかかわらず、3営業日以内にこれに対する適切な回答がない場合
      10. 10.卑わいな情報、虚偽情報など有害なアプリまたはチャンネルを開発する場合
      11. 11.合法的な運営目的外に使用する行為
      12. 12.購入者の情報を最小限の範囲を超えて収集したり利用した場合
      13. 13.ハッキング、サーバーへの攻撃、悪性コードの拡散などの経由地として利用された場合
      14. 14.安定的な運営を妨げる情報および受信者の意思に反する広告の情報を送信する場合
      15. 15.事前の承諾なしに、本規約に基づく権利・義務を他人に譲渡したり担保として提供する場合
      16. 16.他人の名誉を毀損したり侮辱する行為
      17. 17.他の開発者または会社の業務を妨害する行為
      18. 18.受信者の意思に反する広告情報を送信する場合
      19. 19.本規約の義務に違反する場合
    2. ② 開発者は、会社の利用制限に対して、解除を申し込むことができるものとし、会社は、開発者の解除申込みが正当と判断する場合、解除するものとします。ただし、削除された開発物は復元されません。
    3. ③ 本条に基づく利用制限によって開発者に損害が生じた場合、会社は、これに対する責任を負わないものとします。
  21. 第21条(契約の解約)
    1. ① 開発者は、自らが望む時に、会員退会を申し込むことにより会社に契約終了の意思表示をすることができます。会社は、特別な事由がない限り、早急にサービスの利用契約を終了するものとします。ただし、未払いの利用料がある場合は、会社が定めている手続きを経て支払うものとします。
    2. ② 会社は、開発者が次の各号に該当する場合、事前の通知をすることにより契約を解約することができるものとします。
      1. 1. 各国の関連機関から契約の解約に準する処分を受けた場合
      2. 2. 公序良俗に違反する行為を行った場合
      3. 3. 当該年度に2回以上、利用を制限された場合
      4. 4. 会社の事前の同意なしに開発物に決済モジュールを追加したり直接取引などの行為をする場合
      5. 5. 必要な範囲を超え、購入者の個人情報などを収集、利用する場合
      6. 6. 開発物を登録する際、故意に虚偽の内容を登録したと判断される場合
    3. ③ 本条に基づく契約解約は、損害賠償の請求に影響を及ぼさないものとします。
  22. 第22条(損害賠償)
    1. ① 会社と開発者は、自らの帰責事由により本規約に違反し相手に損害が生じた場合、その損害に対する賠償責任を負うものとします。
    2. ② ただし、サービス中止および障害による損害賠償は、インターネット環境の特性を考慮し、次の通り賠償するものとします。
      1. - サービス中止または障害が発生してから復旧まで4時間以上かかった場合、その損害賠償額においては、直近3か月間(3か月未満の場合、該当期間を適用)会社に支払った利用料を1日平均で計算して24時間で割った後、復旧までの時間を掛けて算出した金額の3倍とします。サービス中止または障害が発生してから復旧までの時間は、開発者が会社に通知した後から計算するものとします。
    3. ③ 本条にもかかわらず、会社は、会社が直接運営していない提携サービスおよび無料サービスにおいて、それに起因する開発者の損害に対して賠償責任を負うわないものとします。
  23. 第23条(免責)
    1. ① 会社は、効率的なサービスを提供するためのシステム運営および管理責任のみを負担するものとし、開発物の取引において開発者または購入者を代理しなしものとします。また、取引当事者間に成立した取引および開発者が提供し登録した情報に対する責任を一切負わないものとします。
    2. ② 本サービスは、オンライン上の取引サービスを提供するものであって、開発者と購入者間の取引に関する販売状況の管理、購入者に対する取引の履行、顧客管理、注文処理、お問合せ対応、返金/交換/返品などの必要な事後処理における責任は、取引当事者である開発者と購入者にあります。
    3. ③ 会社は、会社が提供するシステムを通じて行われる開発者と購入者間の取引に関連し、販売意思または購入意思の有無および真正性、登録された開発物の品質、完全性、安全性、適法性および他人の権利に対する侵害の有無、購入者または開発者が入力する情報およびその情報を通じてリンクされた空間に掲載された資料の真実性、適法性などに対する保証は一切負わないものとし、これに起因する危険、損害の責任は負担しないものとします。
    4. ④ 会社は、サービスを利用して得られた資料によって損害が発生した場合、または利益が期待水準に満たなかった場合、それに対する責任を負わないものとします。
    5. ⑤ 会社は、無料で提供するサービスに関連し、関連法において特別な規定がない限り、責任を負わないものとします。
  24. 第24条(準拠法および紛争の解決)
    1. ① 本規約に起因する紛争において、大韓民国法が適用され、それに基づき解釈されるものとします。
    2. ② 本規約に関連する紛争が生じた場合、両当事者は、互いに協議のうえ、円満に解決を図るものとします。それにもかかわらず、解決に至らなかった場合には、3人の仲裁人を選定したうえで、ソウルに位置する大韓商事仲裁院を介して解決を図るものとし、使用言語は韓国語とします。
  25. 第25条(規約外の準則)

    本規約に明示されていない事項においては、会社のサービス案内および関係法令、商慣例に従うものとします。

  26. [附則]

    本規約は、2020年02月12日から実施するものとします。

    本規約実施前の規約は、本規約に代えるものとします。